私の黒歴史 

お題「わたしの黒歴史」

父親が理系の頭で母親が文系でその間に生まれて

両方の性格は受け継いだみたいに思う

一つ共通しているのは「愛想がない」ということ

 

愛想がないということを突き詰めていくと

トドのつまりは「自分のことしか考えていない」という事になる

相手を思いやる 楽しくさせる 相手の立場に立って考える なんてことはしない

自分が楽しさをもらうのは当然だと思う 相手に返さない

 

「自己虫」なのだ

 

相手のこと第一に考えるなんて面倒臭い

自分のことは自分でやればぁ! 俺は知らないよ

って感じだ

それと言って他人が何もしてくれないと怒る

誰も助けてくれないと文句を言う

 

話が横道にそれるが

母親の母親(私の祖母にあたる)はかなり「愛想」のない人で

道ですれ違っても挨拶もしない 言葉もかけない 喋らない

無口なのか感情がないのかわからない人だったらしい

母親から聞いた話だ

その祖母の子、私の母親も愛想あるわけが無い

父親(私の祖父)は明治時代に役所(役場)に勤めていたくらいだから

ガチガチの堅物で寡黙で愛想があったとは思えない

その娘(わたしの母親)は愛想がないのは当然!?

 

時代がそうだったのかもしれないが

私の母親は他の人(家族を含め)を褒めたことがない

そういう光景を見たことがない

子供心に母親から褒められた記憶がない

ある時、母親に聞いてみたらこんな答えが返ってきた

「褒めるとその人はつけあがって調子にのってよくない

と教育、教えられた」 人は褒めるな!と

 

戦中派に与えられたマイナスの教え

 

それともう一つ

話をしていてひとことめにまず否定する

話の中の欠点しか指摘しない

確かに指摘事項は間違っていないが

話に潤いがない 話していて楽しくない

この次一緒にいて話したいと思わなくなってしまう

 

私の父親はかなり理系男子でクールで数字には強かった

理系男子は母親の話に出てきたように「愛想がない」の典型で

人からパワーをもらう 楽しさもらう はするがその反対はない

自分の持っているものを人に与えることはない

指先が凍る寒い日でも相手に予告なしに温かい缶コーヒーを

手元に差し出すことはない

宴会の幹事をして周りを楽しませることもない

ましてその席で酒を注いで回ることもない

手酌で飲むかコップが空になっていても人が注ぎにくるのを待っている

オモテナシもなければ場を盛り上げることもない

 

「自己虫」なのだ

 

そんな両親の下で生まれ育って私は「愛想がある」わけがない

自分で言うのもなんだが小学校の成績は悪いほうではなかった

数字も苦手ではなかったし文章を書くのも好きだった

ただ成績がいいとすべての役回りもついてくる

人前に立って説明 取り仕切る場面も与えられる

「愛想がない」のだからいわゆるコミュニケーション能力は

ゼロに近いのだ

クラスの代表として取り仕切る場面を与えられて最悪だった

おまけに夏休みの宿題は8月30日に取り掛かる性格で

「先送りの権化」だった

中身がないのに周りから持ち上げられてつじつま合わせに翻弄して

いつ内容の不備がバレるかと恐怖の連続だった

 

小学校時代が私の「黒歴史」の始まりだった

 

 

 

秋から冬へ 時間の進行は変わらない

季節の移り変わりに目をやる余裕もなく

冬、ホワイトシーズンになってしまった

4ケ月の間何をしていたのか?

身体と頭の中身の動きは自分は認識しているより

はるかに鈍くなっている

直近の記憶はすぐ途切れるし動作は考えよりズレる

手足の感覚に誤差が生じ持っているものを落とす

 

それでも時間の進行は変わらない

 

も2年前の11月に救急車で運ばれてから

翌日体の内部が一変して一部内蔵が作動しなくなって

2度と元に戻らなくなった

 

それでも時間の進行は変わらない

 

24ケ月経過して体の内部は戻ってないがさりとて

他の臓器(壊れて臓器以外)はあれから損傷なく

動いている(感謝しなければ)

黎明時 背中の真ん中(両肩甲骨の間)に

氷の柱を押し当てられたような冷たさを感じる

毎朝

それも30分ほどで回復する(感謝しなければ)

 

それでも時間の進行は変わらない

 

車も新車買って10年もすれば車検にお金がかかり

家も建ててから30年もすれば何処か雨漏りして

人間も60年もすれば体 何処か壊れる

諸行無常

 

それでも時間の進行は変わらない

 

 

 

夏の盛り

6月下旬ころから波うち際に人々が集まり出す

 

夏の始まり

 

f:id:hayack1980:20170815113207j:plain

 

クルマがメインの交通手段なので宿泊も車泊(しゃはく)

 

家族中泊まっても宿泊代はタダ

 

これは金銭的にかなりサイフにやさしい

 

家族5~6人行ってもヘーキヘーキ

 

ディスカウントストアで冷凍肉をごっそり買ってもヘーキヘーキ

 

クルマの(特にワゴン)リヤゲート開けて折りタタミテーブルセットすれば

 

焼肉パーティーの出来上がり

f:id:hayack1980:20170815112642j:plain

 

クルマの駐車場所が「道の駅」ならばなおさらいい

 

トイレ 洗面スペース付きで女性も安心

 

f:id:hayack1980:20170815113332j:plain

f:id:hayack1980:20170815113415j:plain

 

その「道の駅」も名物・特産物コーナーがある駅ならいうことない

 

アルコール類は途中のコンビニで買ってクーラーBOXに入れておけば

 

「肴」は現地調達できる

 

f:id:hayack1980:20170815112920j:plain

 

町中あげての歓迎ムードの場所なら万々歳

 

 

f:id:hayack1980:20170815113623j:plain

 

酉年の夏の真っ盛り

春3月の行事 続きの続き

f:id:hayack1980:20170404063702j:plain

できれば2、3人で屋根にのぼるといい

足を滑らせて落ちたら助ける安全面の意味もあるが

f:id:hayack1980:20170404063845j:plain

一人で単調な作業は大変さに拍車をかける

複数で会話を楽しみながら進めれば辛さも半減する

寒い重い熱い(体が)の三拍子は体にのしかかる

 

大変さを和らげる方法が一つある

今の位置から3m先あたりに缶ビールをポーンと投げる

「あそこまで進めばビールが飲める」とモチベーションアップに繋がる

体も熱く汗もかくので脱水症状を解決する意味でもいい方法だ

ビールにたどり着いてぐ~と飲んでもそれほど酔わない

すぐ汗になって発散してしまう

 

一屋根(ひとやね)終わって(雪下ろしが)作業の後を見たとき

大きく(?)感動する

達成感である

高さ(降雪の)1m50cmの高さのそして向こう10m先の雪の量を

下に落として綺麗に軽くなった屋根は作業のする前とは後では大きく

変貌している 「やったな~」の達成感

そして下を見れば道路まで軒先な雪で埋まり屋根から雪で繋がっている

自然の滑り台になっている

滑り台は玄関まで覆いつくす

降りてから滑り台の横を穴をあければ「かまくら」ができる

 

くたくたになって屋根から降りれば下はあたり一面 雪の塊

屋根に降り積もった雪の量がそのまま屋根下に移動してるわけだから

倍になって当たり前

ただ落ちる時の加速度と重力の作用で下面に到達したときは

圧縮され量(かさ)的には少なくなっている

硬度的には圧縮されているから増している 「硬い!」

 

春3月の行事

硬くなった雪は春一番が吹いても柔らかくならない

太陽の力を借りなければ柔らかくならない

暖かい水の力を借りなければ柔らかくならない

 

太陽の恵みを待つのが3月の行事

暖かい水の湧くのを待つのが3月の行事

 

f:id:hayack1980:20170404064018j:plain

春 3月の行事 続き

 住んでいる家の中で隣の部屋に行けない

こんなことってある?

衣食住の基本の「住」が生かされないなんて

ひどいよね

 

この現実の解決策はひとつ

ドアが開くように重みを取り去ればいい

とどのつまりは屋根にのぼって雪の重みを

取り去ればいい

かかっている荷重をゼロにすればいい

カンタンじゃん!?

 

ではないのです

とほーもないリスクが伴うのです

 

屋根にのぼる

普段あまり必要とされてない行動です

人によって日々寝ている布団を干すか

町中水害で水が1階まで浸かり避難する場所とするか

などの状態ないと屋根にのぼる必要性ないですよね

 

雪国は違います

のぼるんです 生活するために 生きていくために

隣の部屋に トイレに お風呂にいくために

屋根にのぼるんです

 

滑りにくいゴム長靴を履いてのぼるんです

靴底がすり減ったものは命とりになります

昭和の大戦以前はゴムではなく「藁(わら)製」でした

これは今から思えば合理的で「滑らない」の塊でした

上下の服装も軽く吸湿性のある薄いもので固めます

外気温が低いのでついつい厚着してしてしまいすが

厚着は厳禁です

作業して1時間後に分かります 厚着の恐ろしさが

とにかく薄着で!

 

雪解けの春であれば屋根にのぼって周りの景色

遠くの山々 近くの海景色 素晴らしいロケーション

のはずですが今はそんな余裕はありません

山景色 海景色 すべて白 白 白なのですから

 

積雪が150cmだと目の高さに雪の上限があります

どこから手を着ければいいの!ってくらい白い塊です

上から削った(?)方が賢明です

下からだと後で雪崩状態になります

救って屋根の下に落とす 救って落とす 救って落とす

この動作を延々と繰り返します

隣の部屋まで行けるまで トイレに行けるまで お風呂に行けるまで

 

除雪 雪下ろしというのは究極 全身運動です

それは翌日 つまり朝起きた時に分かります

筋肉痛で布団から起き上がれません 痛たたた

体中の筋肉使った証拠です 

 

続く

 

春 3月の行事

この冬は雪が多いね 少ないね

の会話は対面した時の「こんにちわ」に匹敵する

雪国のことば

 

温暖化のためか昭和の時代ほどに

雪は降らない

 

昭和にして58年から61年

1983年から1986年の3冬

この3回の冬の雪は平成には無い冬

平成の約30年間には無い冬

 

昭和58年の12月の31日の大晦日

除夜の鐘を聞いて布団に入り二日酔加減で目が覚める

外の空気がざわついている

玄関の戸を何気なしに開けると「あら~!」

 

近所中の人が道路に そして屋根に

雪が玄関ドアの高さの半分以上覆いかぶさっている

「なに~これ~」

家の周り中 上も下も右も左も360℃

雪 雪 雪 真っ白

前日まで1cmの降雪が12時間で150cm

こんなのあり~!

 

新潟の雪は重い

1mかける1mかける1mは1立方

1立方の雪の重みは水分の含まれる程度によるが

約1トン近い

新潟の雪はそれに匹敵する

12月から1中旬の雪は水分が多く含まれている

それ以降の2月3月の雪は乾燥雪で軽い

 

屋根に1mの雪が積雪すると屋根の面積に比例して

家に重みがかかる

なん十トンという重みがかかる

車でいうと2000ccの乗用車がなん十台も

屋根の上に乗っかっている計算になる

あまり想像しない方がいい

考えただけでもぞ~とする

 

その雪が積もった家に住まいしていると

どんな感じかというと

まず隣の部屋に行けない

トイレに行けない

お風呂に行けない

 

なぜならすべての家のドアが開かないのです

雪の重みで上から荷重がかかつてドアを押し付けるのです

隣の部屋に行けないので密室状態になります

住んでみないと分かりませんがこの状態すごいんです

 

続く